愛車のメンテナンスについて

Just another WordPress site

未分類

タイヤの交換目安と点検方法

投稿日:

タイヤの点検方法は目視出来るので大変簡単です。タイヤ点検でチェックする箇所は残溝がどれぐらいあるか?タイヤにヒビや亀裂が入ってないか?バルブからエアーが漏れてないか?空気圧は大丈夫か?これを点検していきます。

残溝はどれくらいあるか?

タイヤの残講がなくなるとグリップ力の低下、バースト(破裂)の危険性が出てきます。グリップ力が低下するとブレーキの効きが悪くなり衝突の危険性がでます。また、カーブなどでスリップして事故の原因にもなっています。雨や雪道などは特にリスクが高くなります。特に高速道路でバーストするとコントロールが効かず大事故の原因となります。その様な事故などを起こさないよう日頃の点検が必要です。

点検ですが、タイヤの溝は目視で確認出来ます。タイヤの道路に設置する面の溝が無くなってくるにつれてグリップ力が低下するため交換が必要になります。交換目安は、スリップサイン(溝の中で何箇所か盛り上がった部分)で判断すると良いでしょう。スリップサインは残溝が1.6mmでそれ以下になると法令違反にもなります。片べりなどで外側や内側だけ減っている場合も交換が必要になります。よくあるのは外側だけ減っているが他の所は溝がまだあるので大丈夫!この様に判断は事故の元ですね。

タイヤにヒビや亀裂が入ってないか?

タイヤにヒビや亀裂が入ってないかの点検は目視で行います。タイヤは古くなると劣化してヒビが入ります。また、強い衝撃や縁石などに乗り上げたりした場合亀裂や内部が切れて「コブ」が出来たりします。そのままの状態ですとバーストなどで事故の原因になります。

空気圧は大丈夫か?

空気が減っているとタイヤを傷めてしまうだけでなく、高速道路などではバーストの原因にもなります。点検は簡単に目視でもできるため毎回運転する前に確認することをお勧めします。しかし定期的に空気圧を点検した方がいいので、ガソリン入れるついでにガソリンスタンドで点検してもらうといいですね。その際は空気を入れるバルブも点検してもらってください。そこから空気が漏れる場合が結構あるようです。

タイヤは事故の原因になることが多いので日頃の点検をお勧めします。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

愛車のメンテナンス!やってますか?

自分の愛車、ちゃんとメンテナンスしていますか?車が壊れないように定期的な正しいメンテナンス方法をお教えします。 車のメンテナンスについて 最近車のメンテナンスをされる方が非常に少ないような気がします。 …

no image

エンジンオイルの点検方法

エンジンオイルの交換の目安ですが、5000km走行か6ヶ月がベストです。前回の交換した際の履歴みて交換時期を確認します。 オイルの点検は簡単です。準備するものティッシュ、布切れ、キッチンペーパーのいず …

no image

ラジエター液の役割と点検方法

ラジエター液(冷却水)とは? ラジエター液の点検方法の前にまずラジエター液とは何?から説明します。ラジエター液(冷却水)はクーラント液や不凍液とも呼ばれていますが、高温になるエンジンを冷やす液のことで …

no image

バッテリーの交換目安と点検方法

車のバッテリーは、エンジンをかける際だけでなく、カーオーディオ、カーナビ、ヘッドライトなど電気を供給するのに非常に重要なパーツです。 バッテリー交換の目安 このバッテリーの寿命は2年から3年と言われて …