愛車のメンテナンスについて

Just another WordPress site

未分類

ラジエター液の役割と点検方法

投稿日:2017年2月27日 更新日:

ラジエター液(冷却水)とは?

ラジエター液の点検方法の前にまずラジエター液とは何?から説明します。ラジエター液(冷却水)はクーラント液や不凍液とも呼ばれていますが、高温になるエンジンを冷やす液のことです。
水よりも温度を抑えることができる他、凍結防止や錆なども防ぎます。役割はほぼ同じでクーラント液はオールシーズン、不凍液は夏と冬に分けて交換を行います。クーラント液も定期的に交換しますがロングラン(長く交換しなくても良いタイプ)もあります。最近では不凍液とはあまり聞かなくなりましたが、クーラント液の交換はカーディーラ、整備工場、ガソリンスタンドで行えます。自分でも交換は出来ないことはないですが、後で故障の原因や重大事故につながる場合もあるので専門の整備が出来るところでの交換をお勧めします。

点検方法ですがボンネットを開けてラジエター本体付近のサブタンク(リザーバータンク)を確認します。ここで注意なのですが、ラジエター液量の点検はエンジンが冷えている時(エンジン始動前)にリザーバータンクで点検を行ってください。走行後にエンジンを停止した直後は、非常に高温になっていて圧がかかっている為、ラジエター本体で点検すると非常に危険です。液量の確認はタンクの横にMAX(上限)-MIN(下限)で確認できます。FULL-LOWとの場合もあります。見えない場合はタンク上のキャップを開けます。この上限ー下限で液が上限の線まで入っていることを確認してください。注意点は上限以上に液を入れない事!入れすぎると漏れる場合があります。

点検は自分でも簡単に出来るので注意点を守って定期的に行ってください。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

タイヤの交換目安と点検方法

タイヤの点検方法は目視出来るので大変簡単です。タイヤ点検でチェックする箇所は残溝がどれぐらいあるか?タイヤにヒビや亀裂が入ってないか?バルブからエアーが漏れてないか?空気圧は大丈夫か?これを点検してい …

no image

バッテリーの交換目安と点検方法

車のバッテリーは、エンジンをかける際だけでなく、カーオーディオ、カーナビ、ヘッドライトなど電気を供給するのに非常に重要なパーツです。 バッテリー交換の目安 このバッテリーの寿命は2年から3年と言われて …

no image

エンジンオイルの点検方法

エンジンオイルの交換の目安ですが、5000km走行か6ヶ月がベストです。前回の交換した際の履歴みて交換時期を確認します。 オイルの点検は簡単です。準備するものティッシュ、布切れ、キッチンペーパーのいず …

no image

愛車のメンテナンス!やってますか?

自分の愛車、ちゃんとメンテナンスしていますか?車が壊れないように定期的な正しいメンテナンス方法をお教えします。 車のメンテナンスについて 最近車のメンテナンスをされる方が非常に少ないような気がします。 …