愛車のメンテナンスについて

Just another WordPress site

未分類

エンジンオイルの点検方法

投稿日:

エンジンオイルの交換の目安ですが、5000km走行か6ヶ月がベストです。前回の交換した際の履歴みて交換時期を確認します。

オイルの点検は簡単です。準備するものティッシュ、布切れ、キッチンペーパーのいずれかを用意してください。
それではやり方をご紹介します。まず、エンジンを停止した状態で点検を行います。エンジンをかけたまま点検を行うと危険ですので必ずエンジンを切ってから点検して下さい。またエンジンオイルで汚れないように注意が必要です。

まず、ボンネットを開けます。あけ方は殆どのの車が運転席ドアと付け根付近でメーターパネルの右斜め下で足の膝付近にあるボンネットレバー(車のボンネットを開けた絵がついたレバー)を聞くとボンネットが少し開きます。その際「ガチャン!」と音がするので直ぐ分かります。
車の前のほうに移動して少し開いたボンネットの隙間にレバーがあるので手を入れた探して、そのレバーを左右どちらかか上に動かしてロックが外れるので、ボンネットを上に持ち上げて開けることができます。持ち上げたら油圧式でで落ちてこないのもありますが、ロック付の場合は、つっかえ棒がどこか見えるとこにあるので、それで固定します。落ちてこないようにしっかり固定してください。

後はオイルをチェックするオイルレベルゲージを探します。オイルレベルゲージはプラスチックか鉄の棒(針金の大きくなったもの)でプラスチックのゲージは黄色(オレンジ)で引き上げる部分は輪っかになっているのでそれを引き上げます。鉄も丸い輪っかに指を入れて上に引き上げます。

点検ではエンジンオイルの量と色を見ます。色は黒くなっていないか?量はレベルゲージの基準値まで入っているか?を確認します。レベルゲージには上限と下限のしるしがあります。上限以上、下限以下だと故障の原因になるので注意が必要です。点検が終わったらゲージを元に戻します。以上がエンジンオイルの点検方法です。

簡単ですね!皆さんもぜひやってみてください。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ラジエター液の役割と点検方法

ラジエター液(冷却水)とは? ラジエター液の点検方法の前にまずラジエター液とは何?から説明します。ラジエター液(冷却水)はクーラント液や不凍液とも呼ばれていますが、高温になるエンジンを冷やす液のことで …

no image

バッテリーの交換目安と点検方法

車のバッテリーは、エンジンをかける際だけでなく、カーオーディオ、カーナビ、ヘッドライトなど電気を供給するのに非常に重要なパーツです。 バッテリー交換の目安 このバッテリーの寿命は2年から3年と言われて …

no image

愛車のメンテナンス!やってますか?

自分の愛車、ちゃんとメンテナンスしていますか?車が壊れないように定期的な正しいメンテナンス方法をお教えします。 車のメンテナンスについて 最近車のメンテナンスをされる方が非常に少ないような気がします。 …

no image

タイヤの交換目安と点検方法

タイヤの点検方法は目視出来るので大変簡単です。タイヤ点検でチェックする箇所は残溝がどれぐらいあるか?タイヤにヒビや亀裂が入ってないか?バルブからエアーが漏れてないか?空気圧は大丈夫か?これを点検してい …